2017年9月11日 更新

【独占取材part1】ジャンプで人気連載中の『シューダン!』の作者 横田卓馬先生にインタビュー!

6月12日より新連載が開始した『シューダン!』について作者の横田先生に突撃インタビュー!『背すじをピン!と』についてのエピソードも盛りだくさん! Denesy編集部が横田先生の仕事場にお邪魔してきました!

週刊少年ジャンプで連載されている横田卓馬先生。
前作『背すじをピン!と』完結から約4ヶ月という速さで、新連載サッカー漫画『シューダン!』を生み出したその鬼才の秘密に迫る!


横田卓馬

横田卓馬

静岡県出身。中学校の卒業制作で漫画を描き、ジャンプに初投稿。高校進学後も投稿を続け、激励賞を受賞。卒業後は東京工芸大学に進学し、大学1年の夏、担当編集がつく。

主な作品
『少年ジャンプNEXT!』2011 WINTERに『転生変身DXドラゴンシャフト』掲載。
『週刊少年ジャンプ』にて読切『競技ダンス部へようこそ』掲載(2011年46号)
『月刊ヤングマガジン』にて『戦闘破壊学園ダンゲロス』コミカライズを連載。(2011年12月号〜2015年5月号)
『週刊少年ジャンプ』にて『背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』連載(2015年24号〜2017年11号)
現在『週刊少年ジャンプ』にて『シューダン!』連載中。(2017年28号〜)

横田卓馬先生にインタビュー!

連載中の『シューダン!』や、前作『背すじをピン!と』についての制作秘話、横田先生の描く魅力的なキャラクターの秘密など横田ワールド満載!

今回は『シューダン!』の作者、横田卓馬先生と担当編集さんとDenesy編集部でお話させていただきました。
快諾してくださった御二方と集英社様、ありがとうございます!



今回はインタビューですが、楽しくお話しできればと思い雑談多めでお送りしております。

横田先生は取材時、『ポプテピピック』のTシャツを着ており、「ヤベエ…過激な人かもしれない…」と思ったのですが、話してみると優しくて気さくな方で安心しました。

それでは早速インタビューの内容をご紹介していきます!

『背すじをピン!と』完結から約4ヶ月で『シューダン』の連載がスタート

 (7687)

Denesy
『背すじをピン!と』が完結してから4ヶ月で新連載。これってとても早いですよね。
鳥山明先生が確か3ヶ月でしたから、その次ぐらいに早いんじゃないでしょうか?
実際のところはどうでしょう?



担当さん

すみません、今すぐにはわからないです。


Denesy

でも、そんなに早かったということは、『背すじをピン!と』完結前からすでに次の作品の構想みたいなものはあったということでしょうか?


横田先生

いや、ないですね。
でも『背すじをピン!と』が終わったらすぐに何か描きたいなという気持ちだけはありました。
担当さんが途中で変わったんですけど、前の担当さんと一緒に何を描こうかということは喋ってましたね。


横田先生はサッカー少年だった!

 (10261)

『シューダン!』1話より
Denesy

競技ダンスやサッカーにはスポーツといった共通点はあるにしろ、全く違うテーマの漫画で両方とも人気があるのはすごいですね。
『シューダン』の題材であるサッカーや『背すじをピン!と』のテーマであるダンスは昔やっていたのですか?



横田先生

サッカーはやってましたね。
ダンスはテレビでしか見たことありませんでした。連載開始に際し、社交ダンス教室に通い始めました。


Denesy

ダンス教室に!それはすごいですね!取材のためとはいえ、なかなかできることではないですね…!
ではサッカーはいつ頃、どのくらいの年齢まで通われていたのでしょうか?


横田先生

サッカーは小学生の時にやってました。
そのあとはやってないです。小学生の時だけです。


作品の舞台となった浜松の話題に…

Denesy

『背すじをピン!と』も『シューダン』もどちらも共通して浜松が舞台になってると思うんですよね。
横田先生は浜松ご出身でしたよね?私も同じく浜松出身なんです。


横田先生

ええ!偶然ですね!


 (10262)

『背すじをピン!と』1巻より
Denesy

すごいマニアックな話なんですけど作中に出てくる商店街とか…自分が知っている町が漫画で描かれているのが不思議な感じもするのですが、知っているところだと親近感を覚えますね。個人的に好きなシーンです。


横田先生

そうなんですね…!浜松の方にそんな風に親近感持って読んで下さるなんてとても嬉しいです。




今回はここまで!インタビューはまだまだつづきます!

次回更新は9月11日(月)!

来週は競技ダンス部についてや、『背すじをピン!と』を描こうと思ったきっかけなど、『背すじをピン!と』についてをメインにご紹介します。
来週の更新をお楽しみに!

今週の『シューダン!』の見どころ!

ソウシ、ナナセ、ロクの3人はトレセンの試験を受けることに−−!?

浜西FCの面々は全日本少年サッカー大会"全少"で頂点を目指すため、土日だけでなく、夜練も始めどんどんサッカーに対する熱を上げているよう。 そんな中、監督から「トレセン」の試験を受けてみないかと誘われるソウシ、ナナセ、ロクの3人。

しかも今週は新キャラも登場し、展開もより熱くなってきました!
読者もこの展開にわくわくしている様子です!

「全国大会で頂点をめざす」という明確な目標を掲げた主人公のソウシ達がどう成長していくのか、今後の展開が楽しみです!

『シューダン!』第1話が無料で読める!

[第1話]シューダン!/ジャンプ本誌新連載マンガ試し読み - 横田卓馬 | 少年ジャンプ+

[第1話]シューダン!/ジャンプ本誌新連載マンガ試し読み - 横田卓馬 | 少年ジャンプ+
少年少女たちの蹴球的日常! / 無料で読める本格的webマンガ雑誌、少年ジャンププラスで連載中。単行本発売後も無料で試し読みできます。

横田先生の前作『背筋をピン!と』を読もう!

『シューダン!』では前作『背すじをピン!と』の小ネタやキャラクターなどがちょこちょこ登場するので、 両方読んでいる読者は共通点を見つけてちょっとニヤっとしてしまうかもです。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~(ジャンプコミックスDIGITAL)

400
部活紹介で競技ダンス部の華麗なパフォーマンスに感動した高校一年の土屋雅春は、体験入部で同じく未経験の亘理英里と出会う。未知の世界へ踏み出した二人を待つのは!? 青春部活ストーリー、ここに開幕!
全巻まとめ買いで4000円!

スマホでジャンプが読める!

週刊少年ジャンプ電子版がアプリ「少年ジャンプ+」で買えるので、連載中の『シューダン!』もスマホで簡単に読めちゃうんです!

今まで発売された『週刊少年ジャンプ』のバックナンバーも簡単に購入できちゃう上に、アプリ連載の作品も多数あるので、まだインストールしてない方は是非! (『シューダン!』は、2017年28号から連載開始です)


29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【独占取材part3】ジャンプで人気連載中の『シューダン!』の作者 横田卓馬先生にインタビュー!

【独占取材part3】ジャンプで人気連載中の『シューダン!』の作者 横田卓馬先生にインタビュー!

横田先生に突撃インタビューpart3!今回は横田先生の描くキャラクターの制作秘話などをご紹介していきます!
zero |
【独占取材part2】ジャンプで人気連載中の『シューダン!』の作者 横田卓馬先生にインタビュー!

【独占取材part2】ジャンプで人気連載中の『シューダン!』の作者 横田卓馬先生にインタビュー!

横田先生に突撃インタビューpart2!今回は『背すじをピン!と』の制作秘話などをご紹介していきます!
zero |
累計発行部数1200万部を突破した『ぬらりひょんの孫』 あなたも妖怪×極道の世界へ!

累計発行部数1200万部を突破した『ぬらりひょんの孫』 あなたも妖怪×極道の世界へ!

妖怪の総大将を祖父にもつ高校生のリクオは、まだぬらりひょんとして覚醒していない普通の男の子。人間と同じ高校に通いながら奴良組の若頭になることを目標にしている彼は、妖怪たちと賑やかな毎日をおくっています。
【ジョジョの奇妙な冒険】第一部は燃え尽きるほどヒートするホラーアクション!

【ジョジョの奇妙な冒険】第一部は燃え尽きるほどヒートするホラーアクション!

独特のスタイルが人気の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。多くのファンから長年愛されているジョジョシリーズの原点となるジョジョの奇妙な冒険第1部は、ゴシックなホラーアクションなんです。
『キン肉マン』累計発行部数7500万部を突破したヒーロー漫画が今なおアツい!

『キン肉マン』累計発行部数7500万部を突破したヒーロー漫画が今なおアツい!

額の「肉」の文字が印象に残る懐かしの昭和のヒーロー「キン肉マン」。ドジで弱い(?)キン肉星の王子がお供のミート君と戦いの舞台へと立ち向かいます。ギャグに爆笑しながら読める格闘漫画です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

zero zero