2017年9月20日 更新

【明日まで】異世界転生したらスライムになっちゃった!?1億4000万PVを記録した傑作のマンガ版1巻無料

原作小説が1億4,000万PVを突破した大人気の『転生したらスライムだった件』のコミカライズ1巻が9月21日まで無料

自分たちが生きている現代とは違う異世界を描いている作品の中でも、主人公が何らかの理由で現代から異世界の住人となってしまうジャンルは“異世界転生もの”と呼ばれ親しまれています。
異世界転生ものは昔から人気がありましたが、ここ最近ではユーザーが好きに小説を投稿できるWEBサイトで人気が爆発し、単行本化やコミカライズされた作品が多く目立つようになってきました。
今回紹介する『転生したらスライムだった件』もその一つ。

ある日、不幸な事故に巻き込まれ死んでしまった主人公。気がつくと、スライムへと転生していました。
スライムの身となり最初に出会ったのは天災級モンスター・暴風竜ヴェルドラ。彼と出会い同格の存在となった主人公はその後、力を恐れられつつも周りからは頼りにされ――と、徐々に異世界での地位を築いていきます。

見た目最弱のスライムなのに、他を圧倒する力を持つ主人公のギャップが面白く、原作小説が投稿されたサイトでは1億4,000万PVを突破した大人気作品です。

2015年にはコミカライズされ、最近最新刊である5巻が出たばかりの『転生したらスライムだった件』ですが、現在1巻が無料で配信されています。
無料で手に入るのは9月21日までのようですが、一度購入するとずっと読めるタイプの無料なので、今のうちにダウンロードしておきましょう!

マンガ版『転生したらスライムだった件』1巻無料

転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)

無料
WEBで1億4000万PVの異世界転生モノの名作を、原作者完全監修でコミカライズ! 巻末には原作者書き下ろしの短編小説を収録した、ファン必携の単行本いよいよ発売!

最新刊はこちら!

転生したらスライムだった件(5) (シリウスコミックス)

540
リムル達の前に降り立った魔人・ゲルミュッド。豚頭帝が魔王に進化していないことに激昂し、リザードマンのガビルを喰らい魔王になるよう促す。しかし、豚頭帝はゲルミュッドの言葉になんの反応も示さない。だがその時――。リムルはこの戦況を打破出来るのか!!森の騒乱編、完結!

原作小説はこちらから

マンガと原作小説では描写が少し違うところもあり、「マンガではここしか描かれてなかったけど実は裏ではこんなこともあったのか」とマンガで読んだ箇所でも新鮮な気持ちで楽しむことができます。
そして原作は完結しているので、一気に最後まで読むことも可能ですよ!
寝る前に読み始めて気付いたら朝になっていた……なんてことがないように気をつけてください!

※販売サイトでの価格は調査時点時のものになります。正しい価格は販売サイト内の表示価格になりますので、購入前には必ず販売サイトでの価格をご確認ください。
また、各販売サイトで価格が違う場合がございます。予めご了承ください。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ついにキタ!『HUNTER×HUNTER』本日連載再開!!単行本最新34刊も発売開始

ついにキタ!『HUNTER×HUNTER』本日連載再開!!単行本最新34刊も発売開始

ついについに『HUNTER× HUNTER』が本日発売の週刊少年ジャンプより連載が再開されます!単行本34刊も配信開始されましたので、超速報でおしらせします!
MABUKI |
狩るのはゴブリンのみ!?大人気ダークファンタジー『ゴブリンスレイヤー』最新3巻発売&1巻半額!

狩るのはゴブリンのみ!?大人気ダークファンタジー『ゴブリンスレイヤー』最新3巻発売&1巻半額!

ゴブリンを殺すことに執着する青年が主人公の大人気ダークファンタジー『ゴブリンスレイヤー』マンガ版3巻発売を記念して、1巻が半額セール中
外伝も無料!『僕のヒーローアカデミア』が期間限定で無料に

外伝も無料!『僕のヒーローアカデミア』が期間限定で無料に

『僕のヒーローアカデミア』『ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-』が期間限定で無料に
アニメ放送目前!若き棋士の熱き戦いが描かれる『3月のライオン』とスピンオフが期間限定無料

アニメ放送目前!若き棋士の熱き戦いが描かれる『3月のライオン』とスピンオフが期間限定無料

『3月のライオン』とスピンオフの『3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代』が期間限定で無料に
乃木坂46主演で話題!『あさひなぐ』原作マンガ期間限定無料!

乃木坂46主演で話題!『あさひなぐ』原作マンガ期間限定無料!

実写映画公開を記念して、高校の薙刀部を舞台にした青春マンガ『あさひなぐ』が期間限定で3巻まで無料に

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

すけきよ すけきよ